浅黄斑の通信販売

            

残月の剣―無茶の勘兵衛日月録〈3〉 (二見時代小説文庫)

価格:700円 新品の出品:700円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:316円
カスタマーレビュー
浅黄 斑 あさぎ・まだら関西大学工学部を経て技術系社員として会社勤務の後 『 雨中の客 』 で推理小説新人賞を受賞し、文壇デビューを果たす。次いで 『 死んだ息子の定期券 ( 他 ) 』 で第4回日本文芸大賞を受賞し確固たる地歩を築く。近年は時代小説に傾注し、徹底した資料収集と分析に基づき、大胆なアイデアと論理的構成で、物語を創り上げて読者を魅了している。【 好評既刊 】「 山峡の城 無茶の勘兵衛日月録 」「 火蛾の舞 無茶の勘兵衛日月録2 」「 残月の剣 無茶の勘兵衛日月録3 」「 冥暗の辻 無茶の勘兵衛日月録4 」「 刺客の爪 無茶の勘兵衛日月録5 」「 陰謀の径 無茶の勘兵衛日月録6 」「 報復の峠 無茶の勘兵衛日月録7 」 ( いずれも二見時代小説文庫 )
残月の剣 無茶の勘兵衛日月録3 (二見時代小説文庫)

価格:700円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:316円
カスタマーレビュー
無茶勘こと落合勘兵衛は帰途、浅草猿屋町で病に倒れていた一人の老剣客を助けた。医師によれば重い肝の臓の病で、余命は一ヵ月との診立てである。男の名は百笑火風斎。大和国吉野天河郷に住し、後村上天皇から位衆傅御組の名を賜り代々天皇守護の務めをする家柄という。驚く無茶勘だったが、やがて凄絶な藩主後継争いの渦に巻き込まれて……。
刺客の爪 無茶の勘兵衛日月録5 (二見時代小説文庫)

価格:700円 新品の出品:700円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:200円
カスタマーレビュー
邪悪の潮流は越前大野から江戸へ。そして大和郡山藩に及んでいた。大野藩若君の不行跡は幕府老中の知るところとなったのである。苦悩する落合勘兵衛を打ちのめすかのように更に悲報が舞い込んだ。藩随一の手練れといわれている塩川重兵衛が、江戸潜伏中と思われていた山路亥之助に斬殺されたという……なぜ? どうしてなのか?“新刊が待ち遠しい”と話題騒然!大河ビルドンクス・ロマンの傑作第5弾!
冥暗の辻―無茶の勘兵衛日月録〈4〉 (二見時代小説文庫)

価格:700円 新品の出品:700円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:2,480円
カスタマーレビュー
越前大野藩の無茶勘こと落合勘兵衛は嵯峨野典膳との死闘に勝つも深傷を負い床に臥(ふ)した。一方、彼の親友で小姓組頭の伊波利三は、若殿松平直明の不行跡を諫言し、その激怒から職を解かれ謹慎処分を受ける身となった。暗雲が二人を包み、それはやがて藩全体に広がろうとしていた。大河ビルドンクスロマンの傑作シリーズ最新刊!
冥暗の辻 無茶の勘兵衛日月録4 (二見時代小説文庫)

価格:700円 新品の出品: 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:350円
カスタマーレビュー
越前大野藩の無茶勘こと落合勘兵衛は嵯峨野典膳との死闘に勝つも深傷を負い床に臥した。一方、彼の親友で小姓組頭の伊波利三は、若殿松平直明の不行跡を諫言し、その激怒から職を解かれ謹慎処分を受ける身となった。暗雲が二人を包み、それはやがて藩全体に広がろうとしていた。大河ビルドンクスロマンの傑作シリーズ第四弾!
山峡の城 無茶の勘兵衛日月録 (二見時代小説文庫)

価格:463円 新品の出品: 中古品の出品:28円
コレクター商品の出品:400円
カスタマーレビュー
「無茶勘」こと落合勘兵衛「武士は働くために食う。食うために働くものではない」と父孫兵衛に厳しく教えられて成長した。武を鍛錬し文に励む日々。だが、越前大野藩に不穏な影は忍び寄りつつあった。そしてそれは一人の藩士の斬殺体から始まった……。藩政に翻弄されながらも毅然として生きる父と子の姿を清冽な筆致で描く、著者渾身の教養小説(ビルドゥングスロマン)の傑作!
山峡の城―無茶の勘兵衛日月録 (二見時代小説文庫)

価格:700円 新品の出品:700円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:2,000円
カスタマーレビュー

蠱毒の針 無茶の勘兵衛日月録14 (二見時代小説文庫)

価格:700円 新品の出品:700円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:1,000円
カスタマーレビュー
時代文学の正統を継ぐ旗手が全力を傾注した力作!小藩越前大野藩の次期後継松平直明暗殺計画は潰えたはずだが、新たな謀略は、すでに進行しつつあった御三家に次ぐ家格だが小藩の越前大野藩への謀略は止むことがない。大老酒井忠清の絶大な権力を背景に、大藩越後高田藩家老小栗美作新たな陰謀は、すでに動き出していた。延宝五年(一六七七)、その毒網に絡め取られたのは元番頭で現無役の縣茂右衛門であった。藩内の不穏を察知した御耳役落合勘兵衛は秘密裡に行動を……◆ 著者について浅黄 斑 あさぎ・まだら関西大学工学部を経て技術系社員として会社勤務の後『雨中の客』で推理小説新人賞を受賞し、文壇デビューを果たす。次いで『死んだ息子の定期券(他)』で第4回日本文芸大賞を受賞し確固たる地歩を築く。近年は時代小説に傾注し、徹底した資料収集と分析に基づき、大胆なアイデアと論理的構成で、物語を創り上げて読者を魅了している。◆ 浅黄
蠱毒の針 無茶の勘兵衛日月録 :14 (二見時代小説文庫)

価格:669円 新品の出品: 中古品の出品:2,990円
コレクター商品の出品:51円
カスタマーレビュー
時代文学の正統を継ぐ旗手が全力を傾注した力作!小藩越前大野藩の次期後継松平直明暗殺計画は潰えたはずだが、新たな謀略は、すでに進行しつつあった――御三家に次ぐ家格だが小藩の越前大野藩への謀略は止むことがない。大老酒井忠清の絶大な権力を背景に、大藩越後高田藩家老小栗美作新たな陰謀は、すでに動き出していた。延宝五年(一六七七)、その毒網に絡め取られたのは元番頭で現無役の縣茂右衛門であった。藩内の不穏を察知した御耳役落合勘兵衛は秘密裡に行動を……
月下の蛇 無茶の勘兵衛日月録11 (二見時代小説文庫)

価格:700円 新品の出品:700円 中古品の出品:1円
コレクター商品の出品:6,800円
カスタマーレビュー
若き武士の志と果てなき闘いを描き共感を呼ぶ第11弾 !四代将軍家綱治政下、越前大野藩御耳役落合勘兵衛は新たな事件に捲き込まれ、突如、大目付から呼び出された・・・延宝四年 ( 一六七六 ) 将軍家綱治政下、越前大野藩は次期藩主松平直明 ( なおあきら ) 廃嫡の危機に迫られていた。大老酒井忠清の謀略である。そんな折、同藩御耳役落合勘兵衛は、大目付大岡佐渡守忠勝の呼び出しを受けた。二人きりで会いたい──と。藩随一の剣の使い手勘兵衛に、大岡はいかなる秘密、真相を語るのか ?傑作長編読切の第11弾 !◆ 著者について◆ 浅黄 斑 好評既刊『 山峡の城 無茶の勘兵衛日月録 』『 火蛾の舞 無茶の勘兵衛日月録2 』『 残月の剣 無茶の勘兵衛日月録3 』『 冥暗の辻 無茶の勘兵衛日月録4 』『 刺客の爪 無茶の勘兵衛日月録5 』『 陰謀の径 無茶の勘兵衛日月録6 』『 報復の峠 無茶の勘兵衛日月録7 』

  繝励Ο繝輔ぅ繝シ繝ォ  PR:辟。譁僣P  繝峨Λ繧、繝薙Φ繧ー繝サ繧ケ繧ッ繝シ繝ォ縺九>縺ェ繧  髮サ豌怜キ・莠句」ォ 雉譬シ  TEIN  荳ュ蜿、繝帙う繝シ繝ォ 荳蛾  繧ソ繧、繝、 繧ケ繝繝繝励Ρ繧エ繝ウ 譬シ螳  髻ウ髻ソ 蟆る摩蟄ヲ譬。  繝代シ繝繧ェ繝  繝代Ρ繝シ繧ケ繝医シ繝ウ蛻晁ウシ蜈・笙ェ  蟷シ遞壼恍謨呵ォュ 遏ュ譛溷、ァ蟄ヲ  謚戊ウ鬘ァ蝠上吶せ繝医励Λ繝ウ繝翫シ縲隧穂セ。  繧ソ繧、繝、 謖√■霎シ縺ソ 蜈ォ蟷。蟶  蜷咲ーソ螻